貸金業規制法が改正されたことは大きな影響がありました

2010年6月に、貸金業規制法が改正されたことは、大きな影響がありました。キャッシングの法改正が行われて、利率が低くなった分、キャッシングなどの審査が厳しくなりました。金融会社によっては利用者数が減少するといった影響も少なからずあったようです。これまで軽い気持ちでキャッシングを利用してきた主婦のキャッシングが、法律に影響で融資を受けづらくなり、借入金額についても制限がつきました。各金融会社が、それぞれの審査基準によって顧客の返済能力を推し量るというスタイルが、従来のやり方でした。融資元の金融会社がそれでいいといえば、他社借入件数が多い人でも、新しく融資を受けることができました。ただし審査条件があまり厳しくない会社ほど金利が高い傾向にあり、その結果として多重債務に陥り、自己破産するケースも後を絶たなかったのは事実です。法律が改正され総量規制の制度かできたために、年収の3分の1以上の融資を受けてはいけないことになりました。つまり、年収300万円ならば、100万円までしかキャッシングで借りることはできないのです。これは1店舗に限ったことではなく、改正後は各金融会社も情報を共有化して個人の債務を管理するようになっています。キャッシング会社も、審査をする時に、他のキャッシング会社の利用状況を確認して判断をします。法律が見直されたことで、借りすぎで返済がつらくなる自体は避けられるようになりましたが、その半面、低収入の人は融資されづらくなりました。年収がない状態では、総量規制により融資が不可能になったため、仕事がない人がキャッシングを申し込んでも、融資を断られてしまいます。お金が必要なときに便利であったキャッシングも、改正後は審査で融資を断られるケースも随分と見られるようになりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ